人狼推議 開発ブログ

長期人狼ゲームサイト「人狼推議」の機能紹介や開発記録などをつらつらと。

ブラックリストについて

ブラックリスト機能は「荒らしに対するプレイヤーの自衛措置」として追加しました。
永久利用停止となる禁止行為を行ったプレイヤー(以下対象者)については、管理人が禁止行為を速やかに発見して罰則できるのが理想でしょうが、個人でやっているサイトである以上、対象者の発見が遅れたり、すぐには手を打てない状況だったりすることが想定されます。
そういった場合に、「荒らしと同村することを避ける」選択をプレイヤーができた方がいいだろう、ということですね。

対象者との同村を避ける、というのが機能の主体ですから、該当プレイヤーが村に入ってきたら自分が村を出る、という動作が基本になっています。
該当プレイヤーを追い出す仕様にすると、個人的に気に入らない人をブラックリストに登録してその人を追い出す、という悪用ができてしまいますので、あくまでも自分が村を出る形にしました。

カスタム村の作成者についても、特別な権限を与えるとそれだけ村建ての負担が増えるだろうということで、一般プレイヤーと同等としました。

ただ、これだけだと、村に入っては出てを繰り返すような荒らしに対しては無力になってしまいますので、「多重退村による一時入村禁止措置」という仕様を追加しました。
この機能が発動した場合は管理人にも分かるようになっていますので、確認が漏れていた対象者を拾い上げるとともに、ブラックリストを悪用するプレイヤーに対する措置にもなっています。

また、ブラックリストをむやみやたらと使われても本来の目的からは外れてくるので、登録に一時的にGPを必要とするようにしています。
管理が追いついて対象者が永久利用停止になると、ブラックリストから削除したときに使ったGPが戻るようになっていますので、使い終わったらお金が戻ってくるコインロッカーのようなイメージですね。