人狼推議 開発ブログ

長期人狼ゲームサイト「人狼推議」の機能紹介や開発記録などをつらつらと。

チュートリアルシステム

さて、長期人狼ゲーム、ミスリードしまくって村人生存敗北したり、狼で初回にいきなり吊られたりと、いろいろな思い出がありますが、第1戦目に村に入ったときのことは、今でもときどき思い出します。
もう10年前のことになるので具体的な記憶はだいぶ薄れていますが、ルールを読んでログをいくつか見て、「結構準備したし大丈夫だろう」と思って村に入ったのに、いざ始まってみると話についていけず、ほぼ何もできずにいつの間にか村が終わっていた、というような感じでした。

発言と推理と説得のゲームだ、というのは、長期人狼が奥深いゲームとなっている所以なのですが、それが同時に、新規参加のハードルを高くしてしまっている面もあると思います。

おもしろそうなゲームがある

「とりあえずやってみて、それから自分に向いてるか考えよう」で気軽に参加

いざ開始してみると、テキストボックスがポンと置いてあるだけで、ログは専門用語が飛び交ってるし、何すればいいか分からない

これは無理だ、と諦める

こういうシナリオで新規参加者が突然死してしまう、というケースが少なからずあるのではないか、と思うのです。

そこで、新国ではチュートリアルシステムを作ってみました。
f:id:cowerewolf:20170417231501j:plain
f:id:cowerewolf:20170417231506j:plain
f:id:cowerewolf:20170417231513j:plain
自分以外は全員NPC、という村にまずは入ってもらって、ひととおりの基本的な流れを見てもらう感じです。
入村から始まって、3日目冒頭の●▼▲の結果を見たら終了、というところまで、順を追って実際に操作してもらいながら説明をして、だいたい30分くらい、丁寧にやると1時間くらいかな、で終わるようにしています。

NPC相手なら自分のペースでやれば良いですし、勝手に話が進んで置いていかれる、ということもないので、とりあえずどんなゲームか雰囲気を掴んでもらうには、良いんじゃないかなあ、と思います。

新規参加者の突然死は、する側もされる側も不幸にしかならないと思うので、少しでも減らせないかなあ、と思う次第です。