人狼推議 開発ブログ

長期人狼ゲームサイト「人狼推議」の機能紹介や開発記録などをつらつらと。

【転載】新国開発のインタビュー

新国開発について、人狼SNS内でインタビューを受けました。
取材者の方から転載の許可をいただいたので、こちらでも記事としてまとめました。

※ 表記や細かい表現など、元記事から若干の変更を加えています。


Q1:

自動生成村、カスタム村の両方がある とのことですが、これは今は閉鎖されている「人狼審問」と同じか似たものと考えてよろしいのか? 詳しくお聞かせください

A1:

人狼審問」と似たようなものになるけれど、全く同じものを再現しようとは考えていないですね。
審問が閉鎖して10年ほど経つあいだに界隈の情勢もいろいろと変わっていますし、単純にスクリプトとしても古いままと言うわけにはいかないでしょう。
ただ、「狼を探して吊る」というゲームの本質は時を経ても変わることはないので、その本質を追究できる国にしたい、と考えています。
そのための自動生成村、という位置づけですね。

取材者コメント:

「狼を探して吊る」という「このゲームの本質」を追究できる国を作ろうとしてることが分かった。
追及でも追求でもなく、「追究」だ。誤字ではないことを一応言っておく。

Q2:

cowerewolf.hatenablog.jp
この記事の一枚目の画像が「自動生成とカスタム村」の表示と思われますが、そこにある「獲得GP」とは何なのでしょう?
他にも編成について「自由」なのはおそらくカスタム村における「村建てが考えて作成した編成」でPL側が自由に作成できる編成のことだと思われますが、「標準と基本編成」の違いとは何なのでしょうか?

A2:

GPはゲームポイントの略で、村に参加することによって獲得できるポイントのことです。
これを貯めて使うことでカスタム村を作成できるようになる、という流れを想定しています。そこは審問と同じですね。

標準/基本編成についてはまだ仮想の段階ですが、基本編成は審問 ~ G国の流れを踏まえた「伝統的な編成」の延長線上に位置するものを考えています。
標準編成はこの基本編成を拡張して、より確度の高い情報を出しつつも村人 vs 狼のバランスがある程度取れるような編成を想定しています。
F国 → G国の変更は、確度の高い情報を村人陣営から減らすことにより、村人 vs 狼のバランスを達成した、という形ですが、それとは別のアプローチを考えています。

取材者コメント:

審問の時にあった、ポイントを使ってカスタム村を建てるという流れを取り入れつつ、村の編成は、1の質問の回答にある「狼を探して吊ることを追究」できる編成を考えているように見受けられる。
ここに出てきた「確度の高い情報」という表現がそれを証明しているといえよう。

Q3:

細かいようですが、更新時間は今ある国と同じ「24h, 48h, 72h」と選択肢はあるのでしょうか?公開画像では24hしかないので気になります。
また更新時間は今ある国同様「30分刻み」に見えますが、「15分刻み」のような細かい分刻み設定はあるのでしょうか?

A3:

自動生成村はすべて24h更新の予定です。
カスタム村は48h更新のオプションを設置しますが、72h更新を設置する予定はありません。

更新時刻は人狼物語スクリプトのデフォルトから変えていないので、30分刻みですね。
15分刻み等の細かい設定は、必要性が認められれば実装することになるでしょう。

取材者コメント:

72h設定はなくなり、24hか48h村しか設定できない方向で計画しているようだ。最近は72h村なんて見たことがないので、需要がないと考えられるから、72h設定はないというのも理解できる。
更新時刻の設定は30分刻みと、今ある国と同じ設定であるが、必要性=要望? があれば検討してみるという事だろう。

Q4:

吹き出しレイアウトの発言+まとめ&推理投下用のノート風発言 とありますが、具体的にどういう違いや国としての意図があるのでしょうか?
今ある国だと「通常発言と推理発言」が分離された設定のある村を建てられる国もあります。
公開画像を見る限りでは「吹き出しのある発言が通常発言」で「吹き出しじゃないCO順をまとめてる枠?なのが推理発言」という印象を受け、後者が「ノート」にあたると思われますが、どういう違いがあるのでしょうか?

Q5:

先の質問に関連して、この国の村の設定は「pt制なのか発言回数制」のどちらでしょうか?
そしてptならびに回数制の場合、吹き出し発言とノート風発言のpt、回数管理はどのように行われるのでしょうか?

A4, A5:

このふたつはまとめて回答します。

吹き出し発言はptを消費する従来の発言と同等のものです。
人狼物語スクリプトのデフォルトには吹き出しはありませんが、「キャラが言っている」ということを明確化したいために、このようなレイアウトになりました。

ノート風発言はpt管理ではなく、回数(枚数)制で別枠管理です。
また、自動的に先頭行が見出しに変換されるようになっています。
CO順や希望まとめなどの表形式のものや、長い推理発言は、「キャラが言っている」とすると少々おかしなことになってしまうので、レポート用紙のような見た目のものを用意しました。
回数制+自動見出しによって、「考えをまとめる」ということを意識してもらいたい、という狙いもあります。

取材者コメント:

「吹き出し発言」は、今どの国でもある「ptを消費して行う発言」で、誰も違和感は感じないだろう。
では「ノート風発言」は何だろう? と解答から考えるに「表発言にメモを張り付ける」イメージだろうか。今どの国にもあるメモ機能は、このノート風発言と同じ「回数制で別枠管理」だ。
公開されている画像からも、吹き出し発言の下にノート風発言があり、同時に見ることができる点からも「表にメモを張る感覚」という説明が皆にわかりやすい説明になるだろうか?

公開画像から見るに「16行は最低確保されている」ので、ノート風発言の文字数制限はそこそこ多いと思われる。これにより、解答にある「長い推理発言」はノート風発言を使用して、自分の考えを他人にわかりやすく説明したり、画像にもある「CO順のまとめ」や、あと考えられる「●▼希望のまとめ」などに流用もできるだろう。

私は「吹き出し発言は、小出しに自分の意見や、他人へのアプローチに使用する短文使用」
「ノート風発言は、吹き出し発言から得た情報をもとに、自分の推理を長文にまとめ上げるために使用。またCO順や●▼希望などの状況をまとめる為に使用」と うまく使い分けることがこの国の「重要なテクニック」に感じた。

吹き出しとノートのptと回数はどのくらいなのか? という疑問は当然湧くのだが、これはどの国にもある「村の設定により変動」するだろうから、次の情報公開があるときにでも取材してみようと思う。

Q6:

COや希望を一覧できる掲示板により、メモ機能を強化 とありますが、これは今ある国の「メモ機能」に追加要素を加えたものと考えてよろしいでしょうか?

Q7:

掲示板の編集方法はどのようになっているのでしょうか?
コメントという部分もありますが、ここは自由に書き込めるのでしょうか? 画像を見る限りでは「文字数制限」があり、その文字数も少なく感じますが、このあたりもいかがでしょうか?

A6, A7:

これらもまとめて回答します。

従来のメモ機能は、CO状況や希望のまとめ、議事の進行を明示する、といった用途がありますが、一覧性に問題があり、別窓を開かなければいけない面倒さも手伝って、あまり効果的に使われていないと感じていました。
掲示板として機能を強化するにあたり、まずは一人分の情報を一行に押し込むことで、全員分の情報を簡単に一覧できるようにしました。

CO状況と希望に関しては選択式メニューとすることで、編集を容易にしました。
また、閲覧、編集は通常の村ログと同一のウィンドウ内で行えるようにして、別窓をいちいち開く煩雑さをなくしました。
発言をするときに「同時に掲示板を編集する」というチェックを入れると編集コマンドがその場に出るので、面倒さはかなり軽減されたと思います。

コメントの文字数制限はアクションと同程度と少なくなっていますが、アンカーを使用することで解決可能だろうと考えています。
アンカーに関しては自動ポップアップするようになっていますので、確認も容易です。

取材者コメント:

掲示板は、発言をするときに「同時に掲示板を編集する」というチェックを入れると編集コマンドがその場に出る点から、今ある国で説明するなら「独り言チェックに似た機能」と言えるだろうか?
掲示板の編集は「選択式メニュー」であることから、自分の名前のところに「○や×を入力」するのではなく、マウスのクリック1つで選択して入力するということだろう。同様に「占希望、吊希望」も同じ操作だと思われる。

コメントは最低限度の情報を示す程度の機能だが、アンカー対応なので、文字数制限が少なくても問題ないという考えは理解できる。

初めてだと少々手間取ったり、わからなかったりするかもしれない機能に思えるが、予習としては
発言をするときに「同時に掲示板を編集する」というチェックを入れる
を覚えておくといいだろう。

Q8:

推理が気持ちよくできる国を目指して。 とありますが、画像やここまで紹介されている3点だけでは「推理が気持ちよくできる」とはあまり感じません。
単に「今ある国の便利な機能をもっと快適にヴァージョンアップしました」という程度にしか思えません。
まだ公開できる情報がないと思われますが、もう少し具体的に「推理が気持ちよくできる国」とはどういう国なのか? をお聞かせください。

A8:

ここに関しては異論もあると思いますが、
私は「推理」というものは、客観性の高い情報に基づいて論理的に導き出すものである、と考えています。
その上で、村の議論においては、各々が客観性の高い情報を探し、それに基づいた推理を出し、その妥当性をお互いに検討し合う、という方向の先に「狼探し」に対する結論が得られるだろう、という認識です。
そういった議論の「場」を整える、というのが機能強化の目的になっています。

A2で回答した「標準編成」の模索についても、やはり客観性の高い情報を得られる「場」を整えることが目的ですね。
狼陣営には、その「場」を踏まえた上で、勝利を模索してもらいたい、ということになります。

取材者コメント:

取材らしく、少々意地悪な質問を最後に行ったが、しっかりと回答をくださいました。
これまで公開された情報と、このA8の回答より、

客観性の高い情報=確度の高い情報 を探し出すことを重要視し、これを村に参加している全ての人が意識しやすく、確認しやすい状況を作るための機能だと考えられる。

誰が見ても同じに見える「CO状況、●▼希望」を、ノート風発言でまとめやすくしたり、掲示板で確認しやすくしたのは、単に今ある国の便利機能を強化しただけではなく、開発者の考える「推理が気持ちよくできる為の機能」という本質から導き出された機能と言えるだろう。
単に便利という話ではないことが判明した。